ルンバの使い方!3年10ヶ月使った感想やレビュー!

2020年7月13日

ロボット掃除機ルンバの魅力

ルンバを購入を迷ってる方へあなたのお悩みを解決します。

3年10ヶ月使ってみてのメリットやデメリットを書いていこうと思います。

自分が購入するきっかけは毎日綺麗な部屋に住みたいからでした。

ルンバを購入する前は、従来の人力掃除機で週4回掃除機をかけていました。

仕事が終わってから掃除機をかけるのですが、綺麗好きなので面倒と言う事はありませんでした。

それでも楽したいのが人間です。みなさんも一緒だと思います。

そこでルンバを購入を考えました。

購入ついてはルンバにするか国内メーカーにするか迷いましたが、

調べて行くとルンバ一択となったのです。

結論から言うと買って正解でした。楽ちんなんてものではありません。

考えてもみて下さい。ボタン1つで部屋を掃除してくれるんです。

1度使うと手放せなくなります。

主婦の方なら買い物行ってる間に掃除してくれますので家事が軽減されます。

自分は人力で掃除機を掛けるのは週1になりました。

週1でフローリング床を水拭きするので、その時にステイック式掃除機で隅々を綺麗にします。

それ以外はルンバにお任せです。

ルンバを購入してから人力掃除機のようにヘッドを家具にぶつけて傷めることも減ってきました。

ベッド下・ソファ下の掃除機では手の届きにくい場所でもルンバは毎日やってくれます。

気になるベット下の布団の綿ゴミも綺麗さっぱりと掃除してくれます。

人の手が届きにくい場所にはルンバがもっとも活躍する場面です。

ルンバ622の機能・本体裏

ルンバにすると部屋が片付く

ルンバの走行を邪魔しないように余計な物は片付けなければなりません。

絨毯やマット等の敷物は問題ありませんが、余計な物は片付けることになります。

それだけで部屋が片付きます。

これが1番大きなメリットかもしれません。

自分は元々物を置くのが嫌いなので撤去した物はありませんが、

コード類は床に垂らさないようにコンパクトに結束したりしました。

これだけでも更に部屋がスッキリした感じでした。

ルンバの動きを見ていると椅子やテーブルの脚回りに絡んでいきますので、

物が極力ない方が掃除を完璧にやってくれるイメージです。

使っているルンバ

2016年1月に「ロボット掃除機 ルンバ622」を購入しました。

3年10月使ったことになりますが、今まで故障はしていません。

バッテリー交換を1度しました。

バッテリ状態は、緑⇒オレンジ⇒赤と変わっていきます。赤になると充電切れのサインです。

ルンバ622本体

前から見るとこのよう感じです。

家具を傷めないように念のため養生テープも貼っています。

Amazonで購入したキズ防止テープです。

購入当初から貼っていますので、貼っていない場合はどうなかは分かりません。

ルンバ622前から見る

ルンバの収納はソファー下にしています。

これで部屋の見た目もスッキリします。

掃除が終わるとホームへルンバが戻って行きます。

ルンバが迷子になった時はココには戻りません…^^;

月1ペースで迷子になるので、ホームへ連れて帰っています。

ルンバ622をソファー下に収納

ルンバ622(R622060)

自分が使っている「ルンバ622」いまだに売れているようです。
評価も沢山ついていますのでかなり売れているのが分かります。
故障が無いからでしょうね。

ルンバ606(R606060)

こちらが「622」の後継機で最新機種になります。
この機種も売れているようで、現在Amazonでべストセラーです。
Amazon限定商品なので他では買えません。
価格は「622」より安いです。

機種選びに迷ったら

ルンバの機種数は沢山ありますので、機能や部屋の大きさなどで決めなければなりません。

機種が多いのでどれにするか迷うんですよね。

Amazonや楽天でのを口コミ見て購入するのが1番です。

実際にルンバ購入し使っている人の口コミですから参考になります。

ネットサーフィンするより口コミを参考にした方が結論が早く得られます。

因みに自分の使っている「ルンバ622」は3部屋(約30畳)を1時間で掃除します。

1人暮らしからファミリー向けまでカバーします。

入門機としては「622」か「606」を購入しておけば外れはないと思います。

その証拠にAmazonでは他の機種より段トツ評価が多いです。

交換用バッテリー

交換したバッテリーです。評判通り何の問題もなく使っています。

Amazonで1年前に3,980円で購入しました。

リモコン

リモコンが壊れた時は別売りされています。

まず壊れる物ではありませんが。

適用機種:ルンバ500/600/700/800シリーズ

キズ防止テープ

ルンバに貼って家具へ傷を付けないようにしています。

貼らないでも良いのでしょうが念の為に貼っています。安心!

ハサミで好きなサイズにカットできます。

ルンバのデメリット

☑ ルンバがホームに戻らず迷い子になりバッテリ切れで鎮座する。月1程度。

☑ エッジクリーニングブラシでも角の端っこのゴミは取り切れない。

☑ 在宅時にかけると音がウルサイ。TV聞こえないレベル。

☑ 紐などを巻き込むと停止する。USBケーブルを巻き込んで鎮座していた事がある。

☑ 糸くずはローラーに巻き付くので定期的にローラーのメンテが必要。

☑ ロボット掃除機の特徴でゴミの収容量が少ないので定期的にメンテが必要。

☑ 充電式バッテリーなので充電時間が必要。充電時間は約3時間。

☑ バッテリーの寿命がくると交換が必要。3年10ヶ月で1度交換した。

ルンバのメリット

☑ 部屋中勝手に完全放置で掃除をしてくれる。

☑ 主婦・主夫な人なら買い物の間に部屋が綺麗になっている。家事軽減。

☑ 外出・出勤前にリモコンボタンで掃除開始・帰宅後部屋が綺麗になっている。

☑ スケジュール機能搭載のルンバならボタンさえ押す必要がない。

☑ 人力掃除機のような体力を使わないで済む。腰が悪い人には助かる。

☑ 人力掃除機のようにヘッドでフローリングや家具を傷めない

☑ 1日何度でもボタン1つで掃除してくれる。1回あたり1時間掃除してくれる。

☑ 忙しい人や1人暮らしには最高の味方。あるとないとでは大違い。

☑ ペットのような愛着が湧く。これ不思議だけど本当。

☑ ベット下・ソファー下などの手の届かない場所も掃除してくれる。

☑ 収納場所に困らない。ソファ下などが最適で見た目も良い。

☑ ゴミパック不要。

まとめ

ルンバは月1ペースで迷い子になります。

ホームに戻らずバッテリー切れで部屋の片隅に悠然と鎮座しているんですが、

これがあまり憎めないと言うか…「あれまた迷子になったか…^^;」変な愛着が湧くんですよね。

こう思う人は自分だけでないようで口コミからも伺えます。

「1人暮らし・忙しい人・家事を減らしたい人・綺麗好きな人」にはとても強い味方です。

主婦の人は掃除機がけから解放されるんですから助かりますよね。

ロボット掃除機ですから人間と違って手抜きはしません。^^

365日いつでも掃除をしてくれます。

1ヶ月に1度ペースでメンテナンスをすれば頑張って掃除をしてくれます。

メンテナンスは裏のローラーブラシに絡まった糸くずなどを除去してブラシ綺麗にする事です。

ゴミ投げは2週間~1ヶ月ではないでしょうか。家庭によってゴミの量は違うので一概には言えません。

メンテナンスは掃除機の寿命を延ばすには大切な事だと思っています。

実際に3年10ヶ月毎日使って故障はしていません。

人力掃除機よりはロボット掃除機は格段にコスパは良いです。

「時間節約・家事軽減・体力温存・留守中清掃」以上でした!

日記

Posted by chirokun