今スグ稼ぎたい!ブログ記事に困った時なら!

ブログ更新のネタ切れのあれこれ

ネタ切れして考え込むJK

記事更新には頭を抱える時がありますよね!

記事を書こうと思っても頭では完璧に下書きが出来ているのですが・・

いざワードプレスの新規投稿で記事を書き始めると。

全く進まない・・

「今日は気乗りしないから・・明日にするか・・」

「自分にはこの記事は無理・・」

「こんな記事書いて需要あるのか?」

「変なプライドが邪魔して砕けた文書が書けない」

「要点だけ伝えてシンプルな記事で読者の心つかみたい」

「直観が働いている時はスラスラと記事が書ける」

「記事は3,000文字以上で仕上げたい」

「デザインを気にして、記事がそっちの気になる」

「頭の中では記事構成は出来てるが、記事にならない」

「雑記ブログさえ書けない時は、オレはつんだと思う」

「特化型ブログを作ったが、2記事も書いたらネタ切れした」

などは、

ブログを運営していると一度は経験していますよね!

じゃぁどうやってブログ更新するかです。

ひたすら、

「鉢巻巻いて、気合と根性で記事を書く」

「入念に下調べしてから記事を書く」

「リライトして記事を書く」

どれも大変な作業です。

天才のようにスラスラ記事を書けない人には地獄なような修行です。

リライトなんかは簡単に思えますが、

googleにパクリ認定されたらドメインごと飛びます。^^;

そこでリライトツール使ってもその労力たるや、

自分で記事書いた方が早いのではないかと言うレベルです!

そこで気持ちを転換する

なんでもイイから新アイデアを考える!

新アイデアを考える

趣味のブログでしたら、まるっきり好き勝手なこと書いていても、

よろしいですし、それがうける時があります。

アフィリエイトブログとなれば、そうは行きません!

やはり儲けたい気持ちが働いて、常識的な範囲の内容になってしまいます。

突き抜けたアイデアを思い付いても、

どこかで稼ぎたい気持ちが邪魔をし平凡な日記ブログになってしまいます。

そこでアフィリエイト広告を貼らないで、好き勝手なことを書きまくるブログをひとつ作ってみました。

文字数や記事内容も完全フリーです。

「月に行った自分」

「戦国武将に会った自分」

「ゼロ戦を操縦する自分」

など、実現不可能な夢や願望書いたりしています。

この人大丈夫かなって内容のブログです!w

まるでSFの世界で超イッチャってます。

ですが、書いてておもしろいんです。

収入意識しないとこんなにも大胆な記事が書けるもんなんですね。

50記事書いたらアドセンスへ申請してみようと思っています。

自分も基準は分かりませんが、オリジナリティーあり過ぎのはどうなんでしょうかね?^^;

審査の合否はわかりませんが、合格すればその線でずっと記事を書こうと思っています。

オリジナリティー重視のgoogleだからひょっとしたら合格するかもしれません。

と前向きに行きます。^^

なんか楽しみがひとつ増えた気分です。

人気ブロガーのブログ

人気ブロガー

この人達の記事をみると、人気があるだけあって記事が丁寧に書かれている。

画像も記事にあった画像が配置されているのが分かります。

多分書いてる人もさらっと書いているようだけど、

かなりの労力を使っていると思います。

「夢や希望を持たしてくれるブログ」

「事実だけをそうそうと書いてるブログ」

「なんだかよくわからないけど面白いブログ」

それぞれ書いてる人のキャラがあるのでしょう。

記事から伝わる熱量は読んでいて引き込まれます。

ですが、無理にキャラ設定してるブログは熱量が感じられないんでよね。

後は、特化ブログで専門性の高いブログを読むと感心させられます。

「こんなこと誰でも知ってる」と思っても

記事では端折ってないんですよね。

その辺りの丁重さは必要なんだと思わされます。

ま~いちいち端折っていては記事にならないのも分かります。

本を買ってみました

「いますぐ書け、の文書法」と言う本を買ってみました。

よくみるブログで紹介されていた本です。

一度読んでみましたが目からウロコでした。

この手の本はブログを始めるまで全く興味がなかったので、

読んでいて参考になりました。

やはりネットサーフィンで知る情報より「一冊の本」で教えられことは多いですね。

元々、読書は好きなのですんなり読めました。

自分の好きなジャンルの本ばかり読んできましたので、

久々に参考書的な本を読んだ気がします。

ネットで見る情報は頭から消えていきますが、本で読んだ情報は記憶に残るんですよね。

同じ目から入ってくる情報なんですが、なぜなんでしょうかね?

不思議なもんです。

これからも読書の時間は作っていこうと思います。

記事を書くのが苦手な人は読んでみて下さい。

日記

Posted by chirokun